So-net無料ブログ作成

不惑になったウォークマン!!(^^; [ソニー 新製品]

今年不惑(40歳/40周年)を迎えるウォークマン。。。。。[音楽]


あらたまったと言うよりは普通に今年の新型として
2機種発表されましたね[手(チョキ)]

まずは通常普及タイプ、昨年のA-50の後継機として

NW-A100 シリーズ

が登場します[exclamation×2]

NW-A100TPS-2.png

A-50との大きな違いが、Android OSを採用したこと
でSpotifyなどストリーミングアプリからの楽曲再生や
ダウンロードサイトから直接音源を入手することが可能
になります[るんるん]

更に、デジタルアンプ「S-Master HX」を搭載し、DSD
(11.2MHz / PCM変換)とPCM(384kHz / 32ビット)
のサポートが可能になりました[わーい(嬉しい顔)]

そしてそして。。。このA-100シリーズをベースにした
40周年記念モデルが登場します[音楽]

NW-A100TPS

NW-A100TPS-1.jpg

と銘打ち、初代ウォークマン「TPS-L2」のデザインを模した
専用ケースが付属され端末背面には40周年の記念ロゴがあし
らわれています[わーい(嬉しい顔)]

再生アプリにはカセットテープのスクリーンセーバーを用意し
再生する音源ファイルの種類によって、カセットテープのカラ
ーリングが変化するそうです[がく~(落胆した顔)]

NW-A100TPS-3.png
私もそうですがカセット世代にとってはたまらなく懐かしい[exclamation×2]

そして、もう1機種がちょっと細長のシブいデザインが人気の
NW-ZX300の後継機。。。。


NW-ZX500

が登場します[exclamation×2]

NW-ZX500-1.jpg

こちらもA-100同様に、OSがAndroidベースとなり音楽ストリー
ミングサービスのアプリも利用可能に[exclamation]
Spotify、TIDAL(日本未サービス)、Amazon Music、Youtube
の音楽も再生可能になると共に、moraやe-onkyo musicから
直接音楽を購入、ダウンロード可能になります[手(チョキ)]

こちらも、フルデジタルアンプの「S-Master HX」を搭載[るんるん]
DSDは11.2MHzまでネイティブ再生可能[exclamation]
リニアPCMは384kHz/32bitまでサポート[手(チョキ)]
MP3などをハイレゾ相当にアップスケーリング再生する「DSEE-HX」
も搭載 [exclamation]

NW-ZX500-1.jpg


ストリーミングサービスの音楽も、「S-Master HX」や「DSEE-HX」
といった、ウォークマンの高音質化技術で処理しながら再生可能[るんるん]

本体サイズは121.8×57.3×14.8mm(縦×横×暑さ)で少し縦長に[わーい(嬉しい顔)]

液晶ディスプレイサイズは3.1型800×480ドットから3.6型1,280×720ドットへと
大型化しています [手(チョキ)]

NW-ZX500-3.jpg

内蔵ストレージは64GBで、底面にmicroSDカードスロットを搭載[exclamation]

アルミ削り出しボディや様々な音質向上技術もZX-300を踏襲しています[手(チョキ)]

NW-ZX500-4.jpg

音質のみならず、デザイン面でも実にスタイリッシュで先代より液晶
ディスプレイが大きくなったことで、ウォークマン史上最高のデザイン
ではないかと[exclamation&question]。。。極私的ながら実機を拝見してそう感じました[exclamation×2][exclamation×2][わーい(嬉しい顔)]

共に、発売が楽しみですね[わーい(嬉しい顔)]

 


nice!(39)  コメント(0) 

nice! 39

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。