So-net無料ブログ作成

ようやく発表?!(^^; [ソニー 新製品]

ようやくの感が強い今回の発表。。。。[イベント][イベント]



ソニーから、EマウントAPS-C仕様の新型デジカメが発表される話は
ずいぶん前からありましたが、遂に日本時間昨日23時に発表されま
した[exclamation×2]


以前から、α7000もしくはα6700と噂されていたフラッグシップ機は

α6600

と言う地味[exclamation&question]な名称に落ち着きました[あせあせ(飛び散る汗)][わーい(嬉しい顔)]
alpha-universe_05.jpg


α6600は、直系のα6500 後継機と言える機種に仕上がっていて、α6400との違いは…


  • ボディ内手ブレ補正機構を搭載 (5段分効果の5軸手振れ補正機構)
  • Zバッテリーを採用 (EVF撮影で約720枚、ライブビュー撮影で約810枚の静止画が撮影可能)
  • 動画対応リアルタイム瞳AF
  • マイク端子/ヘッドフォン端子 ※α6400はマイク端子のみ
  • 質量は、403gから503gに増加

欧州における発売日・希望小売価格は…


  • 発売日 … 2019年10月
  • α6600 ボディ単体 … 1,450ポンド / 1,600ユーロ
  • SEL18135 レンズキット … 1,800ポンド / 2,000ユーロ

米国では、2019年11月発売予定、ボディ単体 1,400ドル / 1,900カナダドル、SEL18135レンズキット 1,800ドル / 2,400カナダドルとなっています

欧州の方がアメリカより発売が早いのが解せませんが、日本でもまもなく
正式発表になるものと思われます[exclamation×2]


特に日本は10月から消費税が上がる模様につき、先行受注開始がいつに
なるかが極めて重要になってきますね[手(チョキ)][手(チョキ)]

また、ラインアップ強化の一環でα6400の廉価版でα6100を同時に発表
すると共に、専用ズームレンズ2本が発表されています[exclamation×2]alpha-universe_12.jpg
APS-C仕様なのでフルサイズ換算ではもう少し焦点距離が増しますので
特に、70-350mmは最近リリースされたEF200600Gよりコンパクトで
使い易そうなのでα7ユーザーでも食指を動かされるかも知れませんね[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

alpha-universe_06.jpg

先日の、α7RⅣに比べると地味な発表にも見えますが、2016年の12月の
発売以来2年半以上の長きに亘り販売を続けながらも人気も同時にキープ
してきたα6500の後継機。。。。。上記に述べた以上の機能を有している
と共にα7/9系のハイアマチュアやプロ写真家のサブ機としても、存分に
威力を発揮することでしょう[手(チョキ)][exclamation×2]

今から発売が楽しみです[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]



nice!(44)  コメント(0) 

nice! 44

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。