So-net無料ブログ作成

そう来たか?!(^^; [ソニー 新製品]

先代から約2年。。。。



35mmフルサイズ最高となる6,100万画素のセンサーを搭載した第四世代。。。。



α7SⅢか、はたまたα7000か。。と言われていた新製品情報
ですが蓋を開ければソニーα7シリーズ中、画素数面で一頭地
を抜く " R " 系の最新(第四)世代が発表になりました[がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)]

ILCE-7RM4.jpg

新規シャッターユニット、衝撃吸収ダンパー更には手ブレ補正
の見直しなど微細な振動も許されない高解像撮影を支えるべく
細部にわたって先代を見直し、リフレッシュしたとのことです[わーい(嬉しい顔)]

有効約6100万画素の高解像ながら、最高約10コマ/秒のAF/AE
追随高速連写を実現し、更に従来の1.5倍にバッファーメモリー
を大容量化することにより、JPEG時・RAW時(圧縮)に約68枚
APS-C撮影時には約2620万画素でフルサイズ時より約3倍の連写
持続性能を実現しています[ダッシュ(走り出すさま)]

original_ILCE-7RM4_img_01.jpg

そして、「リアルタイム瞳AF」を実現[手(チョキ)]
動きのあるポートレートを撮影する際もシャッターボタン半押し
状態で高精度に瞳を追随し続け、そのままシャッターを切ることが
可能[手(チョキ)]

さらに、新たに動物に対応したアルゴリズムを追加することにより
動物の瞳を高速・高精度に自動検出、追随します[わーい(嬉しい顔)]

original_ILCE-7RM4_img_03.jpg

また、動画撮影時にも人物のリアルタイム瞳AFの使用が可能になり
リアルタイムトラッキングにより、カメラまかせの被写体追尾にも
対応しているとのこと[がく~(落胆した顔)]

UXGA OLED Tru-Finderを新たに搭載し、α7R III比約1.6倍となる
約576万ドットの圧倒的な解像度を実現[exclamation×2]
また、大容量Zバッテリー採用やグリップのホールド性向上、より防塵
・防滴に配慮した設計など、様々なフィールドでの使用に耐える信頼性
・堅牢性も実現[手(チョキ)]

original_ILCE-7RM4_img_04.jpg

さらに、カメラ本体の無線LAN機能が進化し、従来の2.4GHz帯域に加え
新たに5GHz帯域での転送が可能な「11ac」規格もサポート[手(チョキ)]
電波の干渉が少なくつながりやすいため、安定した高速データ通信が可能
になりプロの現場における業務の円滑化にかなりの貢献が期待できます[わーい(嬉しい顔)]

ILCE-7RM4_rear.jpg

中判カメラには1億を超える画素数がありますが、35ミリフルサイズ
では今回のα7RⅣが(目下)史上最多となります[exclamation×2]

気になる発売日は、9月6日(金)その前の先行予約受注開始日は今月
23日の火曜日からだそうです[あせあせ(飛び散る汗)][わーい(嬉しい顔)]

価格は未定ですが海外では、4,000ユーロらしくそのまま現行レート
で換算すると約48万円。。。先代に近いプライスなので、来年の東京
オリンピック/パラリンピックを見据えてかなり期待できそうな気が
しますね[わーい(嬉しい顔)]

いやしかし、意表を突いたと言うかよもや " R " の第四弾が出るとは[exclamation&question][どんっ(衝撃)]


やってくれます、ソニーさん[わーい(嬉しい顔)]

ILCE-7RM4_704x540.jpg

nice!(52)  コメント(2) 

nice! 52

コメント 2

いっぷく

>約48万円
やはり本格派はこれぐらい当然なんですね。
私が今持っている、パソコン、スマホ、デジカメ、タブレット、スキャナ……、買った時の価格を全部足してもお釣りが来ると思います。
by いっぷく (2019-08-16 20:07) 

MONSTER ZERO

いっぷく様

コメントありがとうございます。
近年の傾向で単価がどんどん上がっています!
メーカーも台数シェアから金額シェアを意識しているようです(^^
by MONSTER ZERO (2019-08-28 14:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。